歴史

HISTORY #2

Work with MTSUYA FOODS

松屋フーズの仕事

I have been with Matsuya Foods for nearly 20 years.

I have been with Matsuya Foods for nearly 20 years.

Matsuya's main target was young people who worked hard, but in order to expand the market, they used branding posters to send out various messages such as suburban stores for families, take-out of lunch boxes, food safety, etc. , A project that has never been seen in fast food stores until now.

The director, the writer, and the photographer (I) formed a team, visited the factory, several Matsuya stores, came up with ideas, worked out plans, and made posters.

By meeting many Matsuya Foods employees through this work, we can feel a positive, cheerful, corporate culture that values ​​people-to-people relationships, and the mood is reflected in the poster to create a unique taste. I think that.

This is also the best part of advertising production, which is one of the reasons why it seems good to do this job.

松屋フーズとも20年近くのお付き合いです。

松屋のメインターゲットは働き盛りの若い人たちでしたが、マーケットを拡げるために、ブランディングポスターを使って、ファミリー向けの郊外店舗や、お弁当の持ち帰り、

食の安全など、様々なメッセージを発信し、企業の姿勢をお客様に伝えるという、今までファストフードの店舗ではほとんど見られなかったような、企画で、

ディレクター、ライター、フォトグラファー(私)の3人がチームを組み、松屋の店舗を何件もロケハンし、工場の見学をしながら、アイデアを出しあい、プランを練って、

ポスターの制作にあたりました。

私たちはこの仕事を通じて多くの松屋フーズの社員と会うことによって、前向きで、明るく、人と人との関係を重んじる社風を感じ取ることができ、そのムードが

ポスターに反映して独特のテイストを生んだのだと思います。

これも広告制作の醍醐味で、この仕事をやってて良かった思える理由の一です。

Work with SKI journal

スキージャーナルの仕事

One day, I was invited by an acquaintance, went to the ski journal editorial department, received a business card of the editor of the separate volume,
and excited about three hours of car talk, and after all I should ride a convertible once before death In the conclusion in a strong nod.
a word that was said just before back home.

"Yano-san, can you go to Canada?"

These words changed my life.
 I couldn't ski almost.and I just talked about the car, and I just met, and there should have been a lot of reasons to be confused,
but I was smiling and shaking hands with the editor-in-chief.

Shooting place in Canada ws a Blackcomb ski resort on the outskirts of Vancouver, where a location team enters immediately after the ski season is over, and snow vehicles bring us where we want.
Models were selected in a two-day audition in Vancouver and players from the Canadian and American national teams.
After the air was blown away with a futon storage bag,150 of skiwear, brought from Japan, and we took these photo taken by two weeks.

On the first day, we went to the top of the altitude of 2284m in order to get out of the clouds. After the end of shooting,  the models and the staff wear a ski board,

"Let's meet at the foot of the mountain!,iiiii〜harrrrr!!"

There is no one in no time, and a quiet snow scene just spreads.
The place I chose to shoot was an off-piste slope that was far from the slopes, where it wasn't compressed, and if I didn't wear a ski,

it would be covered with soft snow to the waist. during shooting Lay the stepladder on snow  and walk on it.
 

Raise my waist, for the time being

"iiiii〜harrrrr!!"

I screamed, and when I turned my body toward the valley, I plunged into the snow from my head.
It was good that Canada's dusk was late.
When the city lights start to flash, I finally returned to a flat place.

when I had look closely, staff models gather and send a big cheer to me,with one hand of beer.

"Bravo! Yano! Fantastic skiing!"

The relationship with the ski journal lasted for about 7 years, and for me the ski resort became the second home ground.
Of course, the first is a photography studio.

 

ある日、知り合いに誘われて、遊びに行ったスキージャーナル編集部、別冊編集長の名刺をもらい、3時間近く車の話で盛り上がり、やはり死ぬまでに一度はコンバーティブル

に乗るべきだとの結論に、強くうなずき合ったところで帰りぎわに言われた一言。

 

”やのさん、カナダいきませんか?”

 

この言葉が僕の人生を変えたのです。

ただクルマの話をしただけなのに、スキーなんてほとんどできないのに、まだ会ったばかりなのに、躊躇する理由はたくさんあったはずなのに、

僕はしっかり笑顔で編集長と握手を交わしていたのでした。

カナダロケは、バンクーバー郊外のブラッコムスキー場、スキーシーズンが終わった直後にロケ隊が入り、雪上車で好きなところに運んでもらいます。

モデルはバンクーバーで2日間のオーディションで選ばれたモデルたちと、カナダ、アメリカのナショナルチームの選手たち。

布団収納用のエアぬきバックでぺしゃんこにされて日本から運ばれた、150体のスキーウェアを2週間かけて撮影します。

初日は雲を抜けるために標高2284mの頂上近くに一気に上がり、クッキーの間の蓋に描かれた絵のような周囲の山々を眺めながらの撮影、

終了後、モデルもスタッフもめいめいスキー板を装着、

"下で会おう! イィハ〜!"

あっという間に誰もいなくなり、静謐な雪景色が広がるばかり。

僕が撮影場所に選んだのは、ゲレンデから遠く外れた、オフピステと呼ばれる圧雪していない斜面で、スキー板を履いていないと柔らかい雪に腰ぐらいまで埋まってしまう

ような場所、撮影中は雪の上に脚立を寝かせてその上を歩く。

腰を上げ、とりあえず

”イィハ〜〜!!"

叫んでみた、もうどうにでもなれと体を谷の方へ向けた途端、頭から雪の中へ、

カナダの夕暮れが遅くて良かった。

麓の灯りがともりだした頃、ようやく平らなところに戻ることができました。

よく見ると、スタッフモデルが集まって、ビール片手に大声援を送っています。

"ブラボー!ヤノ!ファンタスティック スキー!”

スキージャーナルとのお付き合いは、その後7年ほど続き、僕にとってスキー場は第2のホームグラウンドになりました。

もちろん第1は撮影スタジオです。

Work with SUMO

大相撲の仕事

The world of sumo wrestling has been quite different for me, I had worked for many years in advertising.
Our team is a calendar team, and we get the pass of the Sumo Association Public Relations Department.
All other photographers are members of the press and belong to the reporter club. The order is maintained by protecting the order and seniority of the seniors there.

The calendar team enters the Kokugikan once a year in May, so it's an irregular presence, and advertising photographers use a lot of equipment,
so I think it was quite annoying for them.

When we put several high-powered Photo flash-lights from the second-floor seats, NHK gets angry when the video is disturbed.
And the other time I put the a huge tripod on passage of Hanamichi, then Konishiki, which was then Ozeki, can't pass through there, NHKTV broadcasted that.
The Tokyo Fire Department got angry because blocked emagency aisle, I had went to apologize to them.

I was aiming for a powerful photograph by shooting with a huge telephoto lens, but in the presence of start fighting, the wrestler disappears from the lens in an instant.
So, to predict their movement, I recorded a sumo broadcast, and watched the sumo wrestling over and over again.
Place my index finger over the wrestler on the TV screen and trace the movement.as continue this process, I had be able to follow the movement of wrestlers in the viewfinder.

THe pictures filled with a lot of lively movement are touching, but it is hard to recognize who's face. So the calendar uses a photo with static.
Sumo fans like bromide pictures.

In this way, while continuing to make a futile effort and continuing to shoot the sumo calendar, I became addicted to the appeal of sumo.

A particularly impressive presence is Yokozuna Takanohana.
Takanohana's eyes standing on the edge of sumo ring with salt pass through the audience seats and are clear as if you are watching the sumo god who will be far away,

and the cheer of the audience  disappears his body was wrapped up in silence.
At the moment when wrestlers begin to fight, attacking the opponent with a rush of gust and rush, taking no steps back and winning in an instant.


 

On one occasion I had told that to YokozunaTakanohana of the active era,in conversation,

“Athletes never feel relax in their normal life either, I think”

Yokozuna said

“Yanosan, sumo is not a sport.”

"What is it?"

"... I think it is a road"

"... is it the road"

For him, the fight was to expose himself before God.

For me, taking a picture means transferring emotions to the subject, and when the wave of emotions looks the highest, it is a photo opportunity.

 

 

長年広告畠で仕事をしていた私にとって、大相撲の世界は全く異質なものでした。

私のチームは、カレンダー班ということで、相撲協会広報部のパスをもらって入ります。

それ以外のカメラマンは全て報道に携わる人たちで、記者クラブに所属しており、

なんとは無しに、そこでの序列や先輩後輩の間柄を守ることで、秩序が保たれています。

カレンダー班は年に一度、5月場所に国技館入りをするので、イレギュラーな存在であり、

まして広告写真家はとかく大掛かりな機材を使うので、彼らにとってはかなり迷惑な存在だったと思います。

2階席から高出力のストロボを何台もとばして、NHKから映像が乱れると怒られたり、

花道の通路を巨大な三脚で塞いで、当時大関だった小錦が通れなくなったところをテレビで放送され、東京消防庁からお叱りを受け、

始末書を持って謝りに行ったりしたこともありました。

巨大な望遠レンズで撮影して迫力ある写真を目指すのですが、立会いでは一瞬にして力士の姿がレンズの中からいなくなります。

そこで、彼らの動きを予測するため、相撲中継を録画し、何度も見て力士たちの相撲の取り口や癖を頭に叩き込みました。

人差し指をテレビの画面の力士に重ね、その動きをトレースします。

これを続けるうちにファインダーの中で、なんとなく力士の動きが追えるようになってくるのです。

こんな努力をして迫力ある写真を撮ってもカレンダーには、動きの少ない写真が使われます。

動きのある写真は、迫力はあるけれど、顔がゆがんで誰だかわからなくなったり、やはりファンの人たちはブロマイド的な写真を好むのです。

こうして無駄な努力を続けて空回りをしながらも大相撲カレンダーの撮影を続けるうちに、いつの間にか相撲の魅力にはまっていきました。

特に印象深かった存在は、横綱貴乃花です。

塩を持って土俵上に立つ貴乃花の目は、客席を通り越し、その遥か先にいるであろう相撲の神様を見ているように、澄み切っており、

その姿は客席の歓声もうち消えてしまうかのように静寂に包まれています。

立会いではそれが一転、疾風怒濤の勢いで相手に襲いかかり、一歩も引かず、瞬く間に勝利を収めるのです。

 

現役時代の貴乃花関に、

”アスリートは普段の生活の中でも全く気を抜けませんね"

と言ったことがあります。すると横綱は

やのさん、相撲はスポーツでは無いんですよ "

” では何ですか? ”

" …道ですかね ”

” …道ですか ”

彼にとって、戦うことは、神の前に己をさらすということだったのでした。

私にとって、写真を撮るということは、被写体に感情移入をすることであり、

その感情の波が最も高く見えるときがシャッターチャンスです。

Work with the sculptors

彫刻家との仕事

When photographing art works, I strive to be the best viewer.
To that end, going to an art museum is essential,
Slowly facing the work, I think about what the world where such a thing exists, and the artist's brain that creates the universe where that world exists.
Most of the time, works talk to me, what happened in his world and how the story is handed down.
The best part of art appreciation is only when the world view of the work is linked to the viewer's brain.
The background and social environment of the work is extremely important for the work.
When shooting old or foreign artists, you need to travel around the world in history.
Also, if you are asked to shoot by a writer, it is very easy to get into the world of the work because you share the times and the environment.

I often explain my work to the author in order not to make a mistake in how to view the work.
I think that when the author listens to my story happily, I can also become a resident of the world of the work.

Appreciating art is like playing in a fantasy world.

I'm glad that I was really doing the work of photography that given me that opportunity.

美術作品を撮影するときは、最良の鑑賞者たるべく努めます。

そのためには日頃の美術館通いが欠かせません、

ゆっくりと作品と向き合って、こんなものが存在する世界とは一体どんな世界なのか、そしてその世界が存在する宇宙を創り出す作家の脳について考えます。

大概は作品のほうから饒舌に語りかけてきます、彼の世界ではどんな出来事が起きているのか、そしてその物語がどのように語り継がれていくのか。

作品の持つ世界観が鑑賞者の脳にリアルにリンクするときこそ、美術鑑賞の醍醐味が味わえるのではないでしょうか。

作品にとって、その作品が生まれた時代背景や社会環境は極めて重要です。

古い作品や、外国の作家の作品を撮影するときは、歴史の中で世界を旅する必要があります。

また、作家から撮影を依頼される場合、まさに時代と環境を共有しているのですから、作品の世界に入るのは容易です。

私は、作品の見方を間違えないようにするために、よく作者に向かって本人の作品の解説をします。

作者が私の話を楽しそうに聞いてくれるときは、私もその作品の世界の住人になれるときだと思っています。

美術を鑑賞するということは、空想の世界で遊ぶことだと言えるでしょう。

私にそのチャンスをくれている撮影という仕事、本当にやってて良かったと思うのです。

 

びじゅ

 

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now